〈 個別墓 〉

その子だけのお墓です。寺院、霊園があり、寺院の場合、納骨の時にはご住職による読経をあげていただけます。また、一周忌、三回忌などの法要も、ご希望があればご住職が対応してくださいます。

もしも、その子以外のちいさな家族が旅立ってしまったら…一緒に埋葬してあげられます。人のお墓と同じように考えていただければいいかと思います。

ペットちゃんの場合、檀家にならず納骨していただける寺院が多いです。

〝管理費〟が年に2,000円〜10,000円程度かかる場合があります。




〈 合同墓 〉

同じお墓に他の子たちと一緒に眠ってもらうお墓です。

お骨は、他の子たちと一緒にならないようお骨ツボのまま眠ってもらいます。




〈 合祀墓 〉

一つのお墓に他の子たちと一緒に眠ってもらうお墓です。土に還る…ということで、お骨ツボから出し埋葬するため、お骨は帰ってきません。

お引越し予定がある方には向かないかもしれません。

管理費などはかからない場合が多く、〝永代供養〟こちらも寺院、霊園があり、寺院の場合は納骨の時にご読経をしていただけます。
霊園でも、決まった時期に〝供養祭〟をしてくれる霊園があり、どちらも自由にお参りができます。




〈 納骨堂 〉

室内にお骨ツボごと安置していただけます。24時間お参りはできない場合が多いです。また、〝管理費〟がかかります。

お引越しが多い方、ご自宅に安置することが難しい方にはいいかもしれません。



「自宅に置いておいてはいけないの?」



大丈夫です。
「成仏できないのでは?」とご心配される方もいらっしゃいますが、決してそのようなことはないと思います。

いつか自分が旅立ったら同じお墓に入りたい。それまで手元に…

それぞれの〝供養の形〟があります。残された私たちは生きていきます。送り出すまで充分に愛情を注ぎました。近くにいたい、いつか一緒に眠りたいとのお考えでしたら、ご自宅に安置されることがいいのかもしれません。

ご自宅に安置される場合、気をつけたいことがあります。

怖い話ですが、お骨がカビてしまうことがあります。可能であれば、通気性のいいお骨ツボ(ケース)に移す。もしくはパウダー状にし小瓶などに移し密閉する。もしくは、乾燥剤を入れ、時々新しい乾燥剤に交換するとよいでしょう。





〈 お庭に埋葬する 〉

昔は土葬することが多かったかもしれませんが、衛生的な問題、ご近所への配慮、法律上の問題、また、獣に掘り起こされてしまう…こともあります。

やはり、火葬しお骨にしてから埋葬されることをおすすめします。

埋葬されるとき、お骨ツボのままなのか、お骨ツボから出し埋葬するのか、ご家族で話し合ってください。

目印に、お花を植えたり石や木で出来たモニュメントを置くとお参りしやすいですね。ただ、お花が枯れてしまってショックを受けた…という話も耳にします。何がいいのか、話し合いをなさってください。

虹の架け橋ぷうでは、お位牌、お骨ツボなどご希望があれば対応させていただきます。

また、寺院、霊園ご紹介しています。

セレモニープランにご読経、合祀墓が含まれたものもご用意しています。
メニュー料金プランをご覧ください。